動画はリアルである

拡大しつつある、リアルという言葉の範囲と
その対義語はネット? バーチャル? なんていう議論。
簡単にいうと、生活vs趣味とか言えてしまいそうで。
どっちもリアルじゃないか?

YouTuberな人たちを紹介する(リアルの)雑誌がある
まだコンビニには並ばないところを見ると
2誌あるが、ともにムックで不定期であり2〜3万部か。
そして驚きなのが100P前後で1000円という定価。
ページ10円て高級和紙でも使ってんのか。

このタレント扱いの動画製作者の人たち。
昨今では事務所などのサポート事業も始まり、
ちょっとした産業となりつつある。
MCNと呼ばれるこのサポート事業、
金持ちが作った方舟なわけだが
立ち上げるきっかけについて聞かれて

設立するまで、1年間あったんですよ。その間に、
それまで経験していたリアル店舗とは異なる世界…
eコマースやソーシャルの世界を知った結果、今までとは
全く違う世界に行きたいと思ったからですね。

その過程で、“YouTuber”という方たちを知って
自分とは異なる世界で生きている人たちが集まっていることに
ビジネスのチャンスを感じたので、せっかくなら
誰もやっていない、楽しいと思えることをしたいと思いました。

いろいろ言ってるけど、儲かると思った。でまとめられるのが
すごい話術だなと思ったです。

でも、YouTuberの動画って何がいいかって
早口だし滑舌悪かったり絵ズラ悪いのもいるけど
そんなことおかまいなしに、やりたい放題やって
それを躊躇なく流してるっていう
身近さだったり、お手軽感なんじゃないだろうか

いかにも頼まれて作りました…や
いろいろ精進して覚えて、いい絵作れるようになりました…とか
できなくていいことやっちゃうと本末転倒でしょ。

その辺の需要とのバランス…
アメリカ人は差別化するの得意だからできた。
未だにおもしろ映像なんていうのも
日本製ってやっぱ垢抜けてないし(動物・小児は別)
ちゃんとやろう…とか、できた感および体裁をみちゃってる。

事務所なんて必要ないんじゃないのかな。

流行になると、必ず狩人が出てきて
肉だけ食べて逃げていく。よく言う現実。
ニコニコ動画なんかイベントこそ外の感じするけど
こたつからまだまだ出てない。

やめてやれよ〜。2割はとり杉でしょ。
外国語字幕を全動画に入れるぐらいの対価だろ、ソレ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。