フォントのパッケージ

パッケージされないフォントデータ。

せっかくアドビさんが便利な機能を作ってくれたのに
自らそれに該当しない仕組みを作るなんて
おかげでこのフォントはFontBookだっけかTypeKitだっけかなんて
考えながらフィニッシュしないといけなくなった。

めんどくさい。いっそ手元に置けないものか
いやいや、それは違反行為です。
遠藤さんに「それ、違法です」と言われます。
ではその「それ、違反です」は違法ではないのか……
あくまで抑止のために叫んでいても
「そっか、それ違反なんだ。なんかカッコいいな」とか
「これだけ言ってるってことは、結構やってる人いるんだな」と
思っちまった人には、アドバイスとなっている。可逆性!

そういう解釈で、違法ではないんだと思った。多分。

パッケージされないフォントは
たいてい不可視ファイルという「.」で始まる
見えないファイルになっている。かも。

LOOK

defaults write com.apple.finder AppleShowAllFiles true
killall Finder

UNLOOK

defaults write com.apple.finder AppleShowAllFiles false
killall Finder


だがこれは、ターミナルから容易に見えるようにできる。かも。
アドビさんのデータも+optionライブラリ/アプリサポート/アドビ/コアシンク/プラグイン/に丁寧に仕分けされて入っている。かも。
コピーして、「.」とって、情報からフォント名コピペすれば
普通にFontBookで使用可になる。かも。
1回フォント作るソフトを介して
新規フォントで使用可になると思っていたので、意外に浅かった。

ただし、これは違法です。
もちろんコピーした時点で。
ファイルにクレジットも残っているし
使用した箇所によっては……権利問題に発展することも?
でも世界中でCC使ってる人がいて
フィニッシュワーカーにオフラインver.配っておいて
フォント如きでアウトライン取らないと印刷できない!って状況。
そんなに長いこと続かないと思う。

かつて海賊版全盛期のDTPでは
フォントやアプリは印刷会社から譲ってもらうもの?
という感覚があった(オレだけか?)
実際、大企業のオペレータやってた人は
作業中ずっとMOにデータコピーしまくって
「持ってるよ」が口癖のようだった。
なぜかPoserとかも持ってて、何になりたいの?と思った。

そう、それらも含め、すべて違法です。
でも近いうち全部配ると思うな〜。
規制規制じゃ何も産まれないし、
権力の強い人たちに都合のいいルールの上でしか
生きることのできない未来なんて、誰も望んでない。
ただ人間は、失敗しないと覚えない。これ日本人ならわかるよな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。